交通事故による骨折の治療期間を早めるには、早急かつ適切な治療と栄養が必要です

      交通事故による骨折の治療期間を早めるには、早急かつ適切な治療と栄養が必要です はコメントを受け付けていません。

交通事故骨折

交通事故による骨折

交通事故は、日常生活において起こり得る、最も危険な事故の一つです。現代のような車社会では、誰もが被害者にも、加害者にもなり得ます。

一度交通事故に遭うと、運よく命が助かったとしても、多くの障害を受けることがあります。仲でも骨折は、特に頻繁に起こる怪我です。

交通事故では、大きな衝撃を受けることになりますので、骨折を生じる部位も様々ですが、特に多いのはまず、落下時の衝撃による鎖骨骨折です。肩関節周辺の骨折の仲では、約7割を占めると言われています。

また、肩を強打したり、転倒したりといった原因で、上腕骨周辺や肘頭の骨折も多く、足関節等の関節内に骨折を生じた場合、ずれが大きい場合には変形している場合もあります。そ

の他、肋骨や頭蓋骨等、様々な部位に骨折が生じる可能性があり、打ちどころによっては重篤な後遺症が残る場合もあります。どのような症状にせよ、いずれの場合も早急に適切な治療を受ける必要があります。

骨折の種類

交通事故による骨折が多いのは事実ですが、一口に骨折といっても、その症状の程度は様々です。

例えば、開放性骨折、複雑骨折とも言われますが、折れた骨が皮膚を突き破り体外に露出してしまっている状態の事です。神経や周辺筋肉等の皮下組織を傷つけていることもあり、出血による細菌感染の危険も大きいので、早急に処置を受ける必要があります。

逆に単純骨折は、体内で骨折が起きているものですが、名前に反してそれほど軽い症状ではなく、体内で組織等を傷つけてしまっている可能性もあるため、やはり早急に治療を受ける必要があります。

また、圧迫骨折、特に脊椎椎体骨折は、脊椎を押しつぶしたような状態になる骨折ですが、これは交通事故でも起こる可能性があります。最後に、骨折で最も症状が重いのが、粉砕骨折です。交通事故等で外から強い衝撃を受けて、骨が粉砕して複数の骨片等が生じ、場合によっては神経をはじめとする周辺部位を傷つけるため、痛みも強く、入院や手術の他にリハビリ等が長期化する場合も多く、治療期間が長いとされています。

骨折の治療法と治療期間

骨折の際には、激しい痛みと腫れの他、内出血もあり、骨が変形したり、異常可動(関節以外の場所での骨の動き)があったりと、様々な症状があり、その治療法は骨折の状況次第で異なります。

ですが、骨のズレがなければそのまま固定して安静にする保存療法、ズレがあるならば、手術によって骨を正しい位置に戻して固定することで、一見重症だとしても回復し、元の生活に戻れる人も大勢存在します。

上述の例で言えば、開放性骨折の場合には、止血の上、状態によっては手術を行い、ギプスや石膏により固定します。単純骨折では、通常はギプス等による固定、圧迫骨折であれば、コルセットによる固定です。粉砕骨折の場合はギプスや副木を用い、複数回の手術による固定の後、リハビリです。場合によっては針灸治療等も行われます。実際の治療期間は、骨折部位や年齢、個人によって大きく異なるので一概には言えませんが、仮骨の出現まで早くて2,3週から6週まで、その後骨癒合までが6週から24週まで様々、最後に機能回復まで、6週間で済む人もいれば、60週以上まで様々です。

ただし、いずれの場合も、リハビリ等により回復の可能性は十分にありますので、長期化した場合もあきらめないことが重要です。

骨折の治療を早めるには

骨は本来、常に古い細胞が分解され、新しい細胞が作られる、という骨代謝を繰り返しています。破骨細胞が骨を分解して、骨芽細胞がコラーゲンを合成、その後カルシウムができあがり、骨新生が起こります。

ですから、骨折の場合も当然この骨代謝により、状態が回復することになります。つまり、この代謝が良ければ、骨折の治療、骨の癒合がより早く進むことになります。このため、骨折した場合には、高齢者よりも若者の方が代謝が良く、回復が早くなるわけです。

年齢が上がるとともに血管や神経の働きが弱まり、栄養や酸素の循環が減少して、治療が長引くようになってしまうのです。つまり、治療を早めるには、神経や栄養血管の流れ、循環を良好にすることが必要なわけですが、病院等やそのリハビリでも、そういった観点も含めて行われていますので、基本は医師の指示に従うのがベストです。

その上で、最新の研究では、超音波治療等、治癒促進のための治療法も出てきていますので、場合によっては他の治療法、リハビリ等尋ねてみるのも良いでしょう。また、自分でできることとしては、骨代謝が盛んになれば、カルシウムをはじめとして、多くの栄養素を局所部位に運ぶこととなります。やはり、栄養バランスを整え、必要な栄養素が不足しないようにすることが非常に重要です。

骨折時の食事は、通常時よりもより一層重要だといってよいでしょう。特にコラーゲンや各種ビタミン、カルシウムやマグネシウムが骨折時には必要と言われていますが、その他の栄養素も含め、バランス良く摂取するのが大事です。

骨折の慰謝料

上記のように、交通事故で骨折の被害にあうと、治療に多くの時間がかかり、つまり慰謝料も高額になります。

知られていないことですが、交通事故慰謝料には、

  • 自賠責基準
  • 任意保険基準
  • 弁護士基準

の3つの基準があり、弁護士に依頼することで増額が望めます。

骨折したら、多くの損害が発生しておりますので、示談金で支払ってもらうようしましょう。

まとめ

本日は、「交通事故の骨折」を中心に解説いたしました。治療に気を付けて、示談金にも気を付けて対処致しましょう。