交通事故弁護士がヘルニアの慰謝料請求をする

      交通事故弁護士がヘルニアの慰謝料請求をする はコメントを受け付けていません。

交通事故でヘルニアと診断されたら

交通事故が発生し被害者になってしまった場合には、何らかのけがを負う可能性が高います例えば、腰に負担がかかってしまった場合にはヘルニアになる可能性もあるでしょう。

ヘルニアは短期的に治るものではなく、長期的に治していく必要がありますが、治らないこともなくはありませんそのため、長期的にうまく自分の体と付き合っていくことが大事になるでしょう。

ヘルニアになってしまった場合には、相手に対して治療費を請求することが可能になりますここでいう治療費は、病院に通院した時の治療費用と交通費も含まれます。

交通人は、病院までかかったガソリン代やバス代あるいはタクシー代が含まれると考えておきましょう
これらは、任意保険に加入している場合には相手方の任意保険の会社の方で算出してくれるため不利になるのではないかと感じる人もいますが、実際には不利になるようなことはあまり考えられません。

保険会社としても、いやな評判などがたってしまうのを避けるため可能なかぎり公平な見地から算出しているのがポイントです

自賠責保険では心もとない

任意保険に入っていない場合は自賠責保険で賠償することになりますが、自賠責保険では最低限の賠償しかすることができないため被害者は十分なお金をもらうことができません。

泣き寝入りするしか方法がないように考えられますが、実際のところはほかに方法も考えられます
例えば、弁護士を利用する場合がこの打開策の一つと言えるでしょう。

具体的にいえば、どのような弁護士でもよいわけではなく交通事故弁護士を利用することで、より有利に請求することが可能になるわけですヘルニアの場合は後遺障害になることが多く、長期的に賠償していく必要があります

ですが一生治らないとすれば、一生通院してその費用をすべて保険会社が払うとするのはばかばかしいでしょうこのような場合は専門の弁護士を読んで慰謝料請求をすることになります。

どの程度まで通院するかによっても異なりますが、一生かかる場合には通院は打ち切りとなりその代わり慰謝料請求を一括してもらう流れです
慰謝料請求は、弁護士を利用すれば任意保険に加入しているときよりも高額のお金を手に入れることができるでしょう。

そのため、交通事故弁護士にお願いをするわけですが、この時気をつけるべきことは相談しただけでは弁護士基準を適用することができないことです弁護士基準を適用するときは、弁護士と契約をし和解や訴訟あるいは示談などを行った場合になります

そこまで弁護士費用を支払って初めて弁護士基準を採用することができるわけです

相談費用がかからない弁護士も

ちなみに弁護士に支払う費用は、相談費用がまずかかりますが最近は相談費用を徴収しないところが増えています。

少なくとも初回の相談に関しては一切お金を請求せず2回目以降の相談のみ請求するのが一般的です2回目以降の相談の場合には、30分当たり5000円が相場になるでしょう。

その後、本格的に契約するとなれば、着手金を支払わなければなりません着手金を支払う場合には、どれぐらいの金額になるか興味がある人もいるかもしれません。

およそ5万円前後だと思っておけば間違いないでしょうただし弁護士によって若干異なるだけでなく、その交通事故の大きさによっても異なる場合が考えられます

最後に、成功報酬を支払とおしまいですが、成功報酬は成功した時に支払う報酬になりますので一切慰謝料請求ができない場合は成功報酬を支払う必要はありませんまた、最近は着手金も返金しますといった内容の事務所もありますのでその点をよく調べておく必要があります。

慰謝料請求が成功した場合には、成功報酬は手に入れた金額の15パーセントから20パーセント程度支払う必要があります。