自転車と車の事故における過失割合の判断は難しい

      自転車と車の事故における過失割合の判断は難しい はコメントを受け付けていません。

自転車の事故は複雑

自転車と車の事故においては、その過失割合の判断は難しいものとなることが多いと言ってもいいでしょう基本的には車が過失が多くなると考えられますが、自転車は不安定なものなので、制御が難しいと考えられることから、自転車の側にも過失があると考えられるケースが少なくはありません。

これは歩行者と車の事故の場合と比較してみると理解しやすくなるでしょう歩行者との事故の場合は歩行者は断然歩行者の方は過失は無いという判断が出来ることが分かるはずです。

歩いているにしても、止まっているにしても歩行者は比較的安定した状態で気づいているのであれば体の移動は出来る状態だと言えますにも拘わらずによけられないでぶつかったことで事故となるということが考えられますので、どうしても車の側に事故の原因があると考えられるからです。

気づいていないような時も同様で人が気づかない状態で突っ込んできたというとこになるわけですから、過失が歩行者の側にはないという事が明確に判断できるという事になります安定した状態にあったにも関わらずに事故が起きたのは、歩行者の責任ではないという事が明確に判断できるので、過失割合は比較的明確に判断できるという事になります。

ですが、自転車の場合はなかなかこれが判断出来ません

自転車は基本的に不安定

理由はとても不安定な乗り物だからです。

場合によっては自転車の方が突っ込んでいくという事も考えられるわけで、そうなると過失割合の判断はとても曖昧な状態が考えられるという事になりますこれは映像があって事故の状況が詳しく分かるような場合であっても過失割合の判断がもめるという事は良くある事です。

これは映像の見方が人によって全く違いますし、解釈の仕方がいくらでも出来るからですそのため、こうした事故の場合は当事者ではなく専門の弁護士同士や保険会社の人でないとなかなか話をすすめていく事が出来ないという事もあったりもするわけです。

この場合でも実質的には過失の割合を判断しているわけではなく、どこが妥協点となりえるのかを探っていてその妥協点を見出すのが弁護士たちの仕事という事になっていて、別に事故そのものの正確な過失を探るというような事がなされるわけではありません映像の様な証拠がある場合でも、不安定なモノがぶつかった状態の過失割合を正確に決めるという事は出来ないわけですから、後は双方が妥協できるところで手打ちとなるところを探すという事しか出来ないというわけです

事故の過失について、この事故の場合はこれという決まりが決められるわけではありません事故がおきた状態は必ず千差万別で全く違う環境でおきるものですから、これらは個別に判断をしていくしかありません。

過失の割合によって損害賠償の金額などが変わってくる事になるので事故の当事者達はそれぞれが自分が優位になるようにという事を考えますから、双方の思惑が一致するという事は基本的にはなく、双方が妥協するという事で落としどころが確定していくという事が慣例になっているわけです

この他にはやりようが無いわけで、事故に合うとこうした交渉がとても辛いものとなるので、出来るだけ事故には合わないようにするのが良いのですが、なかなかそうもいかないという現実があるのも事実です。

特に被害者は事故にあっただけでも辛いのですが、その後の交渉でさらに嫌な思いをすることも多くなかなか難しいところがあります

弁護士にフォローしてもらうべき

こうしたことを考えても、事故の交渉は専門の優秀な弁護士に任せるのが良いという事になるでしょう。

素人がプロの人たちを相手に交渉しても勝ち目はありませんし、交渉は相手の強さを見て内容が変わるものですから、強い人をぶつけていくしか方法はありません。