任意保険に未加入の自動車と事故を起こしたときの対応

      任意保険に未加入の自動車と事故を起こしたときの対応 はコメントを受け付けていません。

任意保険の有無は?

交通事故に遭った場合には、当事者がそれぞれ加入している任意保険を取り扱っている保険会社のスタッフの間で示談交渉を進めて、交渉が成立すればその結果に応じて保険金の支払いを受けることになるのが一般的ですしかし交通事故の相手方が任意保険に加入していない場合も稀にあり得ます。

このような場合は無保険事故とよばれていますが、統計上は公道を走っている車両の3割程度はこうした任意保険に未加入の車両といわれていますので、相手方の保険会社からの支払いがないケースも想定しておかなければなりません
相手方が未保険状態だった場合の対応ですが、任意保険には未加入とはいっても、車検を通す都合上、いわゆる自賠責保険のほうには加入しているはずですので、まずは自賠責保険のほうに保険金を請求することが考えられます。

自賠責保険は交通事故の被害者を保護するために国として最低限の補償制度を設けたもので、公道を走行するすべての車両に加入を法律によって義務付け、ドライバーなどから徴収した保険料をもとに運用を行っているものですそのため加害者の側から請求を受けて保険金を支払うのはもちろんのことですが、あわせて被害者側が直接請求することも認められています。

相手が保険未加入を理由に支払いをしない場合には、被害者側の立場でこの自賠責保険の保険金を請求することが可能です
相手方が自賠責保険にさえ加入していなかった場合には、政府保証事業とよばれる国の制度を利用する方法もあります。

この制度は無保険事故の場合であっても被害者が適切な救済が受けられるように法律で決まっている制度です

補償内容をしっかり確認を

基本的には自賠責保険と同等の補償内容になっており、被害者側の当事者が国に対して請求することができ、ひき逃げなどの相手方がわからない場合にも適用されます。

もっともこのような自賠責保険などの法律にもとづく制度は、最低限度の救済を意図しているところから、実際に支払われる金額が著しく低くなってしまうこともありますそのため他の方法としては、こちら側が加入している任意保険のほうから保険金の支払いを受けるという方法が挙げられます。

任意保険のなかでも人身傷害保険や搭乗者傷害保険に加入している場合、または無保険車傷害特約が付帯されている場合には、自己名義の保険のほうからケガの治療費などの保険金の支払いを受けることができます保険金の内容や給付される時期などについては、どのようなタイプに加入していたのかによって違いがあります。

ほかにもケガなどの人身上の損害はなかったものの、自動車そのものが壊れてしまった場合などには、自賠責保険なとを含めて、通常の保険では保険金が支払われませんが、車両保険に加入中であれば、このような場合でも修理費相当の保険金を受け取ることができます気を付けるべき点があるとすれば、請求によってノンフリート等級が下がってしまう場合があることで、この等級が下がれば翌年度からの保険料が高くなってしまうデメリットが発生します。

これらの手段に加えて、相手方に対して民事裁判を提起して損害賠償金を受け取るという方法もありますこの場合は交通事故の内容や具体的な損害の金額などが証拠を通じて明快に立証できなければなりませんので、個人で行うにはハードルが高いといえます。

そこで一般的には法律のプロにあたる弁護士に依頼をしますが、あらかじめ弁護士費用特約に加入している場合はその費用が一定の限度額の範囲で保険会社から支払われるので安心ですただし訴訟は示談とは違ってかなりの期間と費用がかかることから、最初は弁護士を代理人にした示談交渉からスタートすることも考えられる選択肢です。