追突事故の慰謝料の相場について

      追突事故の慰謝料の相場について はコメントを受け付けていません。

トラブルは突然起こる

私たちの生活は普通に暮らしていても災難に遭ってしまうということがあります
車同士の事故であれば、過失割合によって慰藉料や賠償金が決まっていきます。

こちらには非がないという交通事故のときは、過失ゼロという事故として取り扱われます
たとえば、日ごろから安全運転を心がけていたとしても、信号待ちをしていたときに追突事故に遭ってしまうということもあります。

その場合、事故の大小にかかわらずまずは警察を呼ぶことが必要です
大したことがないから、示談にしてしまうと、あとから怪我がわかったといっても、それは交通事故と扱われていないので賠償金も慰謝料ももらえません。

ですからまずは、警察を呼んで事故状況をきちんと説明してc事故証明をつくることになりますさらには追突事故のときにむちうちになってしまうことがあります。

そのときは、とっさのことで痛みもでないことがありますが、あとから痛みがでてくることがありますから、まずは病院にいくことが必要です

レントゲンの撮れる病院にいくべき

それは医師のいるレントゲンが撮れる病院にいくということです。

そこで診断書を書いてもらって治療がはじまりますすぐに怪我もよくなればいいのですが、むちうちなどはあとから痛みが残るということもあるので、きちんと治療をすることが必要です。

さらにもっとひどいけがを負ってしまうということもあるでしょうその場合も治療をしていく必要があります

ただどんなに痛みがつづくからといって、何年も治療ができるということではありません
ある程度の期間で医師によって症状固定をする必要があります。

つまり治療をしてもこれ以上治らないという診断をうける必要がありますこの診断によって後遺症が残ってしまったということになります。

また後遺症の等級がその診断書に基づいて決められるということになります
等級がきまった段階で、交通事故の加害者側の保険会社から賠償金や慰謝料が決められるのですが、その相場は事故の内容な怪我の程度でちがってきます。

ただ等級によっておおよその額が決められています

慰謝料は低く感じることも

ただし、日本の場合は慰藉料の金額が被害者が満足できるほどの金額にはならないことが多いです

後遺症が残って前のような体にならないのに、満足できる慰藉料ももらえないということに不満をもつ人もいるでしょう
そんなときは、泣き寝入りをすることはやめたほうがいいです。

また個人で保険会社と話し合いを続けても、満足いく結果にならないことが多いですそんなときは交通事故に詳しい弁護士に依頼するほうがいいのです。

弁護士といっても、得意分野があるので、交通事故案件を多く扱っているという弁護士を調べて相談をしてみることが必要です自動車保険の中には、弁護士特約がついてある保険もあります。

この特約がついている場合、弁護士に支払う負担金が少なくなるケースがあるので、自分の入っている保険を確認する必要があります
弁護士に依頼すると、あなたに代わって相手の保険会社との交渉がはじまります。

弁護士は事故の状況などを詳しく分析して交渉をしていくことになります
すくなくとも個人で話し合うよりもずっと満足できる解決をスムーズに進めてくれることになるのです

賠償金や慰謝料の金額も個人で争うよりもずっと多く獲得できる可能性はあります

病院は慎重に選ぶべき

ただし、そのためにも事故のことを包み隠さず弁護士に話すということと、治療をする病院は医師のいる病院で行うことが基本です。

接骨院や鍼治療というのも効果があるのでしょうが、正規の治療としてみなされないこともあるのでそこは、注意が必要ですさらに治療もきちんと継続したということが証明される必要があります。

たまにしか病院にいかないというのも交通事故の怪我の影響とみなされないこともあるからです。