むち打ちの慰謝料相場とはいったいどれくらいなのか

      むち打ちの慰謝料相場とはいったいどれくらいなのか はコメントを受け付けていません。

むち打ちについて知っておくべきこと

むち打ちとは分かりやすく言ってしまえば首の捻挫のことです交通事故やスポーツなどの影響で首に不自然な力が加わり、頚椎の部分を捻挫してしまうことで首が痛い、首が回らないなどの症状が発症します。

明らかな怪我なので治療や安静が必要であることを頭に入れておいたほうがいいでしょう症状が軽度なら安静にしているだけでも回復しますが、症状が重たい場合は夜に眠れなくなるほど痛みが激しくなってしまったり、めまいや吐き気などが起こってしまうこともありますので急いで病院に行ったほうがいいと言えます。

もしも交通事故が原因でむち打ちを発症してしまい慰謝料を相手側や自動車保険会社に請求した、そのような場合に支払われる金額は症状の重さによってかなり異なります全治1週間や2週間の軽度なものと、半年近く病院や整体院などに通わなくては治らないであろう重症化している状態とでは、慰謝料計算が異なるからです。

当然ですが怪我の重度が軽いほうが安く、重たいほうが高くなりますので必ず一定の金額が振り込まれるわけではないのだと捉えておいてください
ではむち打ちの慰謝料相場とはいったいどれくらいの金額なのかというと、治療期間が3ヶ月なら大体30万円から35万円程度、治療期間が6ヶ月から70万円から80万円ほどが相場だとされています。

自賠責基準なのか、任意保険基準なのか、裁判所基準なのかによって慰謝料の金額設定は違いますし入院の有無も金額の大小に影響を与えるため同じ治療期間が3ヶ月でも、20万円から30万円ほど同じような事故でも受け取る金額が変動するということも珍しくありません

 示談交渉で金額が多く変わる

入院が1ヶ月で治療期間が6ヶ月の場合裁判所基準での金額は110万円を超えていますので、自身や相手がどのような保険に加入しているのか、弁護士を介して示談交渉をするのかなどによってお金の大小が変わるものとイメージしておいてください。

通院で治療するのと1ヶ月くらい入院した後に通院するのでは、総額が20万円ほど変わってくるというのも事実です不本意な怪我での入院による慰謝料の上乗せは1ヶ月平均で20万円程度が相場だとされているからです。

むち打ちくらいで入院などしないだろうと軽く考えてしまう方もいらっしゃるでしょうが、重度のむち打ちは病院で本格的な治療と介護を受けなければ症状の更なる悪化が生じる可能性があるため、交通事故で首を怪我した場合とりあえず数日入院させられるということも珍しくはないのですそのまま長期入院というケースも十分にありえる話なのだと認識しておくのが望ましいでしょう。

 慰謝料はやはり弁護士を通すべき

交通事故で心身共に傷付いた状態で慰謝料交渉を加害者や自動車保険会社などとするのは厳しいというときには、弁護士や加入している保険会社に交渉の代行をお願いするべきだとされていますむち打ちのみではなく事故全体の示談金なども責任を持って確保してもらえますし、自身で交渉に当たらなかったとしても金額が上下するようなことがないからです。

事故対応のプロにお金の問題は任せて、自身は身体の治療に専念するという選択肢もあるということを是非記憶しておいてください自動車保険会社の場合翌年度の保険料の掛け金には影響が出るでしょうが、交渉代行そのものは無料で行ってもらえる確率が高いので入院費や通院費でお金が足りないといった際にも安心です。

交通事故などで首を負傷したとしても、示談や保険会社の交渉などで獲得したお金を元に首を完治させて、問題なく日常生活に戻れたという方は大勢いらっしゃいます万が一の場合でも相場の最低額程度は保険にさえ加入しておけば保証されるものと捉えておくといいでしょう。