交通事故の後遺障害における事前認定とは

      交通事故の後遺障害における事前認定とは はコメントを受け付けていません。

後遺症の認定を

交通事故でケガをすると、その治療が終わっても症状が残ってしまうケースがありますその症状が回復の見込みが持てない固定的なもので、要介護など生活に影響が出たり労働能力の低下が認められるなどの場合後遺障害として認定されます。

後遺障害として認定されると、交通事故の被害者が加害者に対して損害賠償請求できる項目が増えます例えば精神的に被ったダメージ・苦痛に対して請求する賠償金の慰謝料については、ケガをして入院や通院で治療を受けたことに対する傷害慰謝料に加えて障害分の慰謝料が請求できます。

さらに、障害として認定されて労働能力が低減し将来的にも収入が減ってしまうので、その失われる収入分として逸失利益という項目で賠償請求ができます
後遺障害には、等級という制度があります。

この等級制度では、固定的に残ってしまった症状の内容や程度を数字で示します数字は1から14まであり、1級と2級においては要介護認定の有無でふたつに分けられるので全部で16ランクあります。

そして、数字が小さいほど障害の程度としては重度に認定されるものです

賠償金額決定の基準

障害慰謝料や逸失利益の後遺障害にまつわる損害賠償請求では、等級が示す数字が賠償金額決定のベースになります。

よって、障害分の賠償請求をするにはまずは障害と等級の認定を受ける必要があります後遺障害の認定は自賠責保険の審査会が行っていますので、固定症状に関する医師の診断書など必要な書類を揃えて自賠責審査会に申請します。

この障害等級認定申請には、ふたつの方法がありますそれは、事前認定と被害者請求です

事前認定というのは、相手方の保険会社に全ての手続きを任せる方法ですこの方法では被害者としては手続きとしては何もすることがないので楽ですが、自賠責の審査会に対して申請される内容を被害者が把握できないことから認定された障害等級はじめ内容に不透明感が残ってしまう可能性があります。

一方の被害者請求というのは、被害者が自身で書類を揃えて自分で自賠責の審査会に障害等級の認定を申請するやり方です
交通事故の被害者には、被った多大な損害について相手方に賠償請求する権利が認められています。

相手方から被害者にいくら賠償金を支払ってもらうか、そしてその内訳などを詳細に決定するのが交通事故の示談交渉です
示談交渉は交通事故の当事者同士が和解のために話し合いをする場なのですが、実際には被害者対相手方の保険会社での話し合いとなるケースがほとんどです。

というのは、ほとんどの自動車任意保険には加害者になってしまった時のための示談交渉代行サービスがついていて加害者はこのサービスを利用するためです

保険会社をしっかりと利用する

加害者側の保険会社の立場はというと、加害者に代わって被害者への賠償金を保険金という形で支払う立場です

よって、賠償金の額はできる限り安く抑えたいといえます
後遺障害の事前認定は、相手方の保険会社に全ての手続きを委託するやり方です。

障害の等級は相手に請求する傷害慰謝料や逸失利益の賠償金の額を決定するベースとなるものですから、相手の保険会社に全て任せてしまう事前認定ではなく被害者請求で手続きをして内容をしっかり把握しておくことでその後納得のいく示談交渉・損害賠償請求ができるはずです
示談交渉に強い交通事故弁護士は、被害者になってしまった方の被害者請求による障害の認定申請を親身にサポートしています。

交通事故専門の弁護士は、障害の認定や等級決定に関連する医療面の知識も豊富です障害の認定申請ができるのは症状が固定してからですが、治療中の症状固定前から弁護士相談しておけば役立つアドバイスももらえて安心です

また交通事故弁護士は、事前認定で決定された等級についても不当な部分があれば不服申し立てや再請求の手続きで被害者をサポートしています。