交通事故示談はトラブルになる前に弁護士に相談を

      交通事故示談はトラブルになる前に弁護士に相談を はコメントを受け付けていません。

後遺症は放置できない

交通事故に遭ってしまうと、大きな損害を受けますその被害は身体面のケガを筆頭に物損、休業による収入の減少、精神的なダメージ、治療後に残ってしまう後遺障害など多岐にわたり多大です。

交通事故の被害者は、被った損害について相手に損害賠償を請求する権利が法律で認められています被害者が相手に賠償請求できる項目は大変細かく分かれていて複雑ですが、大別すると積極損害・消極損害・慰謝料に分類できます。

積極損害というのは、その交通事故に遭ったことが原因の実質的な出費です入院や通院によるケガの治療費・病院までの交通費・杖や車いすその他必要な医療器具などを購入した場合はその代金などが積極損害です。

消極損害は、交通事故が原因ですぐには見えないところで被る損害です例えば、ケガの治療が終わっても固定的な症状が残り後遺障害と認定されるケースがあります。

後遺障害では回復の見込みのない症状によって労働能力が低下してしまうので、将来にわたっても収入が減少することが予想されます

消極障害とは

この将来において失う収入などが消極損害にあたる損害です。

そして、慰謝料は精神的な苦痛に対して請求できる賠償金ですこれらの損害について、被害者が加害者からいくら支払ってもらうか、そしてその詳細については、警察の実況見分で事件性なしと認められれば当事者間の話し合いによる決定に委ねられます

この、当事者間の話し合いが交通事故 示談交渉です
示談交渉は当事者同士が和解策を決定するための話し合いですが、実際には被害者vs相手の保険会社での交渉となります。

というのは、ほぼ全ての自動車任意保険には運転中に事故を起こして加害者となってしまった場合に備えた示談交渉代行サービスがついているからです加害者はこのサービスを利用し、保険会社に味方になってもらうということです。

一方の被害者は、自分に過失がなく相手に対し賠償責任も発生していないと自分の自動車保険の示談交渉代行サービスは使えないことになっていますそのため、自分で相手の保険会社と示談交渉をしなくてはならなくなります。

ここで、加害者側の保険会社の立場を考えてみると、保険金という形で加害者に代わって被害者への賠償金を実際に支払う立場にありますこの立場上、保険会社としては賠償金の額はできる限り抑えたいところです。

よって、示談交渉の中では相手の保険会社からは安く見積もられた賠償金額を提示される可能性もあります

慰謝料は対応によって幅が

特に、計算の基準がいくつかある慰謝料は金額に幅が出やすい部分です。

交通事故 示談では、相手の保険会社から提示された金額ですぐに合意してしまうと被害者としては損をしてしまうこともありますから要注意です被害者は、保険会社から提示された金額をしっかり見極める必要があります。

しかし、被害者に知識がないと交通事故 示談内容の見極めは困難です
交通事故の被害者になってしまい、相手の保険会社と示談交渉をすることになったら、交通事故弁護士に相談をし示談交渉をサポートまた代行してもらうのが安心です。

交通事故弁護士は、被害者の味方という立場で相手の保険会社と交渉をし提示された金額を精査します金額に不足があれば、被害者が正当な賠償金を受け取れるよう交渉してもらえます。

金額に幅が出やすい慰謝料では、相手の保険会社からは慰謝料学が最も少なく計算される自賠責基準で計算された金額が提示されることがあります交通事故 示談に強い弁護士は、裁判の判例を参考にした弁護士基準を使って慰謝料を計算し提示された金額の増額に尽力します。

交通事故 示談では交渉が決裂するなどトラブルが深刻化してから弁護士に相談する人が多いのですが、できれば交通事故発生直後の早い段階で法律相談しておくといろいろなアドバイスがもらえて安心です