できるだけ交通事故の治療は同じところで

      できるだけ交通事故の治療は同じところで はコメントを受け付けていません。

治療は継続的に

交通事故に巻き込まれケガを負った場合には、病院で治療を受けることになります元から接骨院などに通っている場合や以前通っていた整形外科がある場合にはそこに通うのがベストですが、これらに通ったことがない人が交通事故でケガの治療をしなければならない場合には初めてのところで診察をしてもらい、入院や通院を行なっていきます。

その場合に大事なことは相手の医師との信頼関係を持ち続けることであり、できるだけ相手を信じることです医師は少なくとも好き嫌いで判断をするようなことはしません。

まずはそのことを認識することが大事です

その中で、できるだけ同じ病院で診断をしてもらい、症状固定の段階に入るまで面倒を見てもらうことをおすすめします

ケガをするとこのまま自分は不自由な状態で生活をするのかと不安な気持ちになりますそうなると、ここの病院では回復は見込めない、最初から諦めていると思い込んでしまい、他の病院へ転院しようとしたり別の接骨院にお世話になろうとします。

また、精神面が弱っている状況にあるため、悪徳業者などにうまいことを言われて医療器具のようなものを買わされてしまうこともあります

変えないことが肝心

こうしたことが考えられるため、できるだけ変えないことが大事です。

もちろん転院すべきパターンもありますそれは患者の話を聞いてくれないケースです。

患者は不安を抱え、本当に治してくれるのかを尋ねてきます親身に聞こうとする先生であれば傾聴の姿勢を崩さず、患者の思いを受け取ろうとしますが、忙しいケースでは次の患者を待たせてはいけないからと受け流そうとします

こうした場合は親身に聞いてくれそうなところに出向くなどしてセカンドオピニオンをしていくことが大事ですが、どこでも同じようなことを言われた場合には最初にお世話になったところへ戻るのが賢明です

同じところで見てもらうことで、ケガの治療の状況を熟知しており、治療方針を一貫して行なってくれます。

転院をするとそれぞれの医師の判断が入ってくるため、方針がブレてしまい最終的には症状の改善に遅れが生じることもあり得ます保険を受け取る際にもコロコロ病院を変えている行為は相手にとって不思議に感じる部分であり、下手をすれば疑われることにもなります。

少しでも症状固定の期間を延ばそうとしているのではないかと思われることもあるため、変えるにしても1回か2回程度にしないとかなり面倒なことになってしまいます

一方で整形外科である程度の治療をした後で整骨院などで治療を継続していくことは決して悪いことではありません。

ケガを治すことへのアプローチの仕方が違うため、整形外科では治しにくかった部分を整骨院でカバーしていくこともできます

後遺症と向き合うの大変

特に違和感を抱えながら暮らしていかないといけない場合にはうまく体の症状と付き合いながら生活をしていくことになります。

そうした場合には整骨院に通うことで、うまくコントロールをしていきながら生活できます交通事故に巻き込まれるとそれだけ長い間ケガと向き合うような状況になっていきます。

症状固定の状態はこれ以上症状の回復が見込めない状態であり、場合によっては後遺障害やそれに近いような状態に追い込まれることになりますその事実を認めたくない人は転院を繰り返してなんとかして治そうとしますが、結局は最初の判断が正しかったケースがほとんどです。

いくつかの病院で話を聞くことは必要ですが、精神的な疲労などを重なり、心身ともに影響を及ぼしかねないため、いくつかの病院で聞いてみて結論が同じであれば最初の病院にお世話になり続けることが必要ですあとは根気強く向き合っていくしかありません。