弁護士相談

交通事故の慰謝料は弁護士に任せると弁護士基準へ増額できる可能性!

交通事故は保険会社が主導権を握ることが多い

交通事故では保険会社が主導権を取って、慰謝料や損害賠償金を決めることが多いです。事故の経験が多いことからそのような流れになります。

しかし、加害者側の保険会社は被害者の味方ではありません。加害者側の保険会社に支払い義務があるので、味方になることはないのです。その点を考えると保険会社に事故の慰謝料などを任せてしまうと、本当に金額が適正なのかが分からなくなります。

一般的には保険会社は支払いを少なく済まそうとするものです。事故の過失割合についても、できる限り加害者に有利にしようとする傾向もあります。損をしないためには保険会社としては普通の対応でしょう。

被害者としては保険会社の言葉を鵜呑みにしてしまうと、気が付いたら被害者側が損をしているという可能性は否定できません。保険会社の担当者が信頼できそうな人物であっても、客観的な意見を取り入れることは必要です。

交通事故では証拠や証言が重要になる

交通事故の過失割合には警察などは関わらないです。お互いの保険会社同士の話し合いで決めることがほとんどになります。そこで重要になるのが、証拠や証言です。

証拠は実際に事故現場で見つかったものから、どのような事故であったかを明らかします。ぶつかった場所からどの角度でぶつかったということが見えてきます。その角度によってはどちらが悪いかがはっきりすることもあるでしょう。

ただし、それでも加害者と被害者の意見が対立することは少なくないです。そこで重要になってくるのが警察が作成する実況見分調書や証言になります。事故現場を見たという証言は過失割合に大きな影響を与えます。

複数の証言を得られれば、事故の概要がはっきりするので、過失割合が明確になることが多いです。このように当事者だけの話し合いで解決しない場合には、証拠や証言は重要になってきます。

事故が起きてから時間が経たないうちに集めておくといいでしょう。

交通事故では弁護士は味方をしてくれる

交通事故では保険会社が加害者の味方になってくれますが、被害者には専門家と言える味方がいません。

交通事故 弁護士に依頼することは、被害者にとって有効な手段になります。

交通事故弁護士とは

交通事故の交渉は専門知識がないと、上手く進めることができません。交通事故専門の弁護士であれば、ポイントを押さえているので交渉がスムーズになります。弁護士がいれば保険会社の都合に合わせた示談になることは少なくなるでしょう。

また、弁護士は示談には何が必要かもアドバイスしてくれますので、予め証拠や書類などを集めて交渉を有利に進めることができます。全ての交渉を弁護士に任せることもできますので、治療に専念したい人は一切を任せてしまうのも一つの手です。

保険会社との交渉に疲れてしまうと、妥協案を飲んでしまう可能性があります。そうならないためにも弁護士への依頼は早い方がいいです。弁護士が初期から関わっていると、解決までの時間が短くて済む可能性があるからです。

弁護士基準で慰謝料を取る

一般的には、保険会社から提示された金額を受け取る被害者は少なくありません。

これは慰謝料の増額を交渉しようにも知識がないため、増額できるのかどうかが分からないからです。それを知っている保険会社は最低限度の金額を提示することが多いです。

ほとんどの場合、被害者が納得するのでそのまま示談金が決まってしまいます。ただ、保険会社の支払う基準はあくまでも最低限度です。そこから保険会社に増額させるには専門の知識が必要です。実は慰謝料や損害賠償金には弁護士基準というものが存在していて、その基準であれば保険会社の基準よりも多くなっています。

弁護士基準で示談できれば、慰謝料などが増額できる見込みがあるのです。裁判になれば保険会社としても費用が掛かりますので、示談で済ませる方が安く済みます。その示談金が弁護士基準であっても、裁判よりは安くなるという思惑があります。

まとめ

この記事では、弁護士依頼するメリットを解説しました。交通事故被害にあったら、まずは、弁護士に相談して、有効な解決手法がないか?相談してみることをまずはお勧めいたします。